人間関係~男性看護師に聞いた話

人間関係

彼は男性で看護師暦6年目です。

看護師として、働き始めて患者さんと接する機会は多く人間対人間なので、様々な感情的なことはよくあります。看護師とは元々女性が多く、ここ最近男性のニーズが増えてきています。

そんな中、頭がよく人間性が出来ていて、ムードメイカー的な男性職員は女性職員の注目のまとになっていると思います。

私はというと、優しさとなんでも仕事に対して一生懸命な所から断らず努力をしているところです。なので、頼まれやすいのですが、あまり期待もされずいいように使われている感じがあります。

また、年配の女性看護師からはストレス解消のためか些細なことに目をつけ、注意される毎日です。年配の女性看護師は女性の人数が多いことでなのか若い女性には特に目をつけず、数少ない男性に当たります。私もその被害者の一人なのかもしれません。そんな中、私が一つミスをしたことが原因で、年配の女性看護師が目をつけ、注意したことが始まりでした。

注意したことで、周りの看護師のネタとなり、私がいない時に「あの子に任せられないね。」と言われたことが発端で、周りから新人みたいな扱いを受けるようになりました。自分の中では先輩看護師が言うことはなんでも聞き、看護師として学ぶ姿勢を大事にしていただけに歯がゆい思いをしました。このことから、仕事に来ては「できるの」や「したことあるの」など、点滴差し替えや入退院の仕方で間違えたことがないゆえに、面倒な思いをしました。

男性として女性の環境に慣れるのは本当に大変なことだと思います。患者さんがいるため、表情や態度に出してはいけないと思いながらも、ナースステーションに戻ってくるのが憂鬱でしかありません。また、女性ならではのおしゃべりが男性看護師からして、仕事の効率化を下げている原因であるのに、仕事が終わらないと他のせいにするのは、本当に見苦しい限りです。白衣の天使と言われていた看護師は、患者さんの前で装うだけであって、ナースステーションに戻るいなや、ストレスのはけ口を探すおしゃべりなだけでしか感じません。

なぜ看護師を、目指したのか今でも疑問を覚えてしまいますが、辞めたいと思うことが多い職業なのかもしれません。医師の下である看護師にとって、医師を立たせるために、年配の女性看護師がストレスをためたのを数少ない男性看護師に当たることは、私だけのことではありませんが、チームナースということで一緒に頑張ろうと思えなくさせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です