看護師1年目の出来事

看護師1年目の出来事

私が看護師になって1年目の出来事です。
資格をとったばかりで全く何もできない私に3年目のプリセプターがついてくれました。しかし、そのプリセプターも初めての指導係ということで、お互いコミュニケーションがうまくとれずにいました。そして入社して3ヶ月経った頃、私は輸液ポンプの数量設定を間違えてしまい、24時間で落とさないといけなかった薬液を20時間で落としてしまい、4時間も早く終わらしてしまいました。まだその時はプリセプターが何事も後から確認をしてくれている時期で設定数量も確認をお願いしていました。しかし、実際にはプリセプターは確認を忘れていたみたいで、間違ったままになっていたのです

そのミスが発覚した後、病棟カンファレンスでミスについて話し合いが行われることになりました。どうして間違えたのか?何故ミスに気づかなかったのか?など質問された時、プリセプターが「私に確認してほしいと声をかけてこなかった。それに他の先輩に確認してもらった聞きました」と答えました。私はそんなこと全く言っておらず、確認をお願いしたのですがそれはなかったことにされてしまいました。その後、同僚からは「普通プリセプターに確認してもらうもの。自分勝手なことをするなんて考えられない」、主任からは「新人だからといって甘えている。」師長からは「あなたがこのミスをしなければみんなの貴重な時間を無駄にすることはなかった。みんなに謝りなさい」と言われました。私は初めて大きなミスをしてしまったショックと、プリセプターに裏切られたショック、そして病棟スタッフ全員に言われた言葉にショックを受け泣いてしまいました。

その後、プリセプターと2人になったのですが「私も忙しいから何でもちゃんとできるようになって。じゃないと私も怒られるから」と強く言われ、ショックのあまり退職を考えました。後日師長に退職したいと伝えにいくと、「まだ3ヶ月なのに今辞めるのは早い」と止められもう少し続けることにしました。

そしてそれから3ヶ月経ち、半年経った頃プリセプターが退職することになりました。あの事件以来プリセプターとは距離があり、あまり話しもせず過ごしていたので退職することも聞いてませんでした。プリセプターが退職すると違う同僚がプリセプターになり、その人は1つ1つ丁寧に指導しながら一緒に考えてくれる人でした。その人に色んなことを相談しながら私はそのままその病棟で3年間看護師を続けることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です